Amazonで超お得なタイムセール開催中

これでまとめ買いも怖くない!?実は“冷凍”ができる食材

③納豆

納豆に含まれている納豆菌は、冷凍庫などの低温環境では休眠状態になり、死滅することはありません。解凍して20度前後になると再び活動を始めるので、問題なく冷凍保存することができます。

 

 

<冷凍方法>

・パックのままラップに包み、保存容器にいれて冷凍する。

 

<解凍方法>

・半日〜1日ほど前に冷蔵庫に移し、解凍する。

・時間がない時は電子レンジで30秒ほど温めるとすぐに解凍できる。(食感が悪くなったり納豆特有の臭いが発生したりするので、基本は冷蔵庫解凍がおすすめ。)

・オムレツやチャーハンなど加熱調理に使用する際は、解凍せずそのまま投入する。凍った状態のほうが調理が簡単◎

 

④生クリーム

日持ちがしない生クリームは、泡立ててホイップクリームの状態にしてから冷凍することで、長く楽しむことができます。

泡立ててから冷凍することで分離もせず、「少しだけ使いたいな」という時も、すぐ使うことができます。

 

 

<冷凍方法>

・ツノがたつまでしっかり泡立てる。(スイーツ用に使う場合は砂糖を入れて泡立てる。)

・ラップを敷いたトレーに絞り器やスプーンで大さじ1程度の大きさずつに出す。

・バットの上にラップをかけ、冷凍庫に入れる。

・完全に凍ったら、保存容器に移して冷凍庫で保存する。

 

<解凍方法>

・暖かい飲み物などのトッピング:凍ったまま使う。

・ケーキなどのデコレーション:冷蔵庫で30分ほど解凍する。

・シチューやグラタンなどの加熱調理する場合:凍ったまま投入する。

・ドレッシングなど加熱調理しない場合:冷蔵庫で30分ほど解凍する。

【次ページ】>>>

1 2 3 4